Featured Video Play Icon

女性向けシチュエーションボイス用フリー台本『ヤンキー×ホワイトデー』

投稿日:6月 18, 2020 更新日:

ホワイトデーのお返しを持ってきたツンデレヤンキーに塩対応する女性向けボイス

『胸キュン乙女ボイスチャンネル』にて女性向けシチュエーションボイス配信中!

女性向けシチュエーションボイス『ツンデレヤンキー×ホワイトデー』は、山本教介さんが演じています ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

【女性向けボイス/低音】幼馴染みのツンデレヤンキーがホワイトデーのお返しを持ってきたので超塩対応してみた【バイノーラル】

こちらは、バレンタインデー用女性向けボイスのアンサーボイスになっております。

ホワイトデーのお返しを持ってきたヤンキー彼氏に塩対応する天然彼女との迷コンビをお楽しみ下さい(・ω<)☆

『胸キュン乙女ボイスチャンネル』のチャンネル登録はこちら

『胸キュン乙女ボイスチャンネル』は、全て完全オリジナル台本で女性向けシチュエーションボイスを配信中です!

女性向けボイスが好きな方は、チャンネル登録していただけると励みになります٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

登録、高評価、コメントなどでぜひ応援して下さいね((((ノ。・ω・。)ノ♡

女性向けシチュエーションボイス『ツンデレヤンキー×ホワイトデー』のフリー台本はこちら

女性向けボイスの台本を読みたい方はこちらからどうぞ ((((ノ。・ω・。)ノ♡


※ご注意※
この台本は、練習や個人使用の範囲内であれば自由にお使いいただけますが、youtubeなどで公開したい場合は許可が必要ですので必ずご連絡下さいね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

場所:女の子の部屋
時間:夜
・ホワイトデーのお返しをするために、女の子の部屋を訪れたヤンキー
コーヒーいる?と言われてカップを受け取る

ヤンキー「ん? ああ……悪いな」

・お砂糖は?

ヤンキー「砂糖? いらねぇよ。コーヒーはブラックで飲むもんだろ」

・え~? 小学生の頃は3杯入れてたくせに

ヤンキー「っ……うるせぇ! 昔のことは言うな! あの頃はまだ子供だったから、山盛り砂糖入れなきゃ飲めなかったんだよ!」

・あはは、ごめんごめん

ヤンキー「まったく……」

・ヤンキー、コーヒーを一口飲んでカップをテーブルに置き

ヤンキー「んなことより、お前……一ヶ月前のこと、覚えてるか」

・一ヶ月前? えーと、バレンタインかな

ヤンキー「そうそう、それだ、バレンタイン。
お前がいきなり俺の部屋に来て、チョコを押しつけて……」

・もちろん、覚えてるよ

ヤンキー「ちゃんと覚えてたか。お前、あの後何にも言ってこねーから、忘れてるんじゃねーかって心配だった」

・なんにもって?

ヤンキー「なんだ、そのきょとんとした顔は。お前、俺がなんて言ったか本当に覚えてるか!?」

・私のこと好きだって言ってくれた

ヤンキー「(赤くなって)っ……! そうだよ。お前が好きだって……言った」

・ヤンキー、思い出して身もだえて

ヤンキー「くそっ! 今でも思い出すと、身体中がかゆくなる!」

・それがどうかしたの?

ヤンキー「それがどうかしたかって……いや、だから。俺達って、その……」

・どうしたの、さっきから、と顔を近づける女の子

ヤンキー「ばっ、やめろ! 気軽に顔を近づけるなって言ってんだろ!」

・ヤンキー君、顔真っ赤だけど

ヤンキー「(イラッとして)顔が真っ赤って、お前な……!」

・ヤンキー、女の子の腕を掴んで床に押し倒す(アドリブ下さい)

ヤンキー「(間近で低音でささやいて)そうやって男をからかって……ただですむと思ってんのか」

・ちょ、ちょっと、痛いよ

ヤンキー「(もがく女の子を押さえ込んでいるニュアンス込みで)離さねぇよ。(鼻で笑って)ほら、動けねぇだろ? もう……子供の頃とは違うんだ」

・ヤンキーくん……私にちゅーするの!?

ヤンキー「は? ちゅう?」

・待って、今目をつぶるから!

ヤンキー「目をつぶるから待てって……アホか! しねぇよキスなんて! ってか、なんなんだお前のその緊張感のなさは!」

・あれ? しないの?

ヤンキー「(深々とため息をついて)はぁ……なんでこんなのを好きになっちまったんだ、俺は……」

・それで? 何か言いかけてなかった?

ヤンキー「ああ、そうだ。お前のせいで忘れる所だった。だから、その……一ヶ月前に告白、しただろ?」

・うん

ヤンキー「それってつまり、俺達……付き合ってるってことに、なるのか」

・ああ! そのこと!?

ヤンキー「ああ、じゃねーよ! お前、俺がこの一ヶ月の間どんな気分でいたかわかってんのか!? 電話もラインもこねぇし、家にもこねぇし!」

・ごめん、忙しかった

ヤンキー「っ……忙しかったなら、そう言えよ。俺はあの告白、なかったことにされたんじゃねぇかって……」

・ごめん、ずっともやもやさせちゃってた?

ヤンキー「はぁ……もういい。ちゃんと付き合ってくれって言わなかった俺も悪い」

・ヤンキー、袋から小さな箱を取り出して手渡して

ヤンキー「ほら。ホワイトデーのお返し」

・え、ありがとう! 初めてもらったかも!

ヤンキー「そうだな。ちゃんとお返しするのは、今回が初めてだ。今までずっと……悪かったな」

・ヤンキー君、なんか素直で気持ち悪いよ

ヤンキー「気持ち悪いってなんだ! 素直に謝ってやってんだろうが! ったく……」

・開けていい?

ヤンキー「ああ、開けてみてくれ」

・ガサゴソと包みを開ける女の子

ヤンキー「サイズ調整できるヤツだったから、多分合うと思、う……」

・女の子、箱の中から女性用下着を取りだして目を丸くする

ヤンキー「ん? なんだそれ」

・それはこっちの台詞だよ! なにこれ! 下着!?

ヤンキー「下着!? は!? 嘘だろ!? 俺はそんな物買ったつもりは……!」

・ヤンキー君、いくらお互い好きだからって、いきなりこれは……!

ヤンキー「待て待て待て! 違う、誤解だ!」

・コレを私に履かせて脱がせたいってこと!?

ヤンキー「ちげーよ! キスもまだしてねぇのに、好みの下着を履かせて脱がすとか、そんな高度なことできるか!」

・じゃあなんなの、これ……

ヤンキー「だから知らねぇって! 俺は、ブレスレットを買ったつもりだったんだ!」

・ブレスレット?

ヤンキー「くそっ……! きっと店でラッピングを頼んだときに、取り違えられたんだ」

・ホントかなぁ

ヤンキー「はぁ……頼むから信じてくれよ。っていうか、店に言って交換してもらうから、返してくれ」

・やだ

ヤンキー「はぁ? やだって、なんで……」

・だって、初めてヤンキー君にもらったプレゼントだし

ヤンキー「(キュンとして)お、お前……。かわいいこと言うんじゃねぇ。ドキッとしただろーが。俺にプレゼントもらったのが……そんなに嬉しかったのか?」

・うん!

ヤンキー「そうかよ。けど……。(小声で)こんな派手な下着……想像しちまうだろ……」

・私はこれでいいから、返さない。ありがとう、ヤンキー君

ヤンキー「お、おう……。お前が気に入ってくれたなら、まぁ……いいか」

・それで、私たちはちゃんと付き合ってるってことでいいんだよね?

ヤンキー「ん? あ、ああ。ていうか、お前はその……俺とちゃんと付き合ってるつもりだったのか?」

・うん、そのつもりだった

ヤンキー「マジかよ……。1人で悩んで損した。つーかお前、付き合ってるつもりだったなら、彼氏を一ヶ月も放置すんじゃねぇ!」

・あはは、ごめんごめん

ヤンキー「(微笑んで優しく)ごめんごめんじゃねーよ、まったく」

・ヤンキー、手を差し出して照れつつ目をそらせて

ヤンキー「それじゃあ改めて。これからも……よろしくな」

・うん!と笑顔で手を握り返す女の子

END

-シチュエーションボイス, フリー台本

Copyright© 胸キュン乙女ボイスチャンネル , 2020 All Rights Reserved.