Featured Video Play Icon

女性向けシチュエーションボイス用フリー台本『ツンデレ幼馴染×ホワイトデー』

投稿日:

ツンデレな幼馴染がホワイトデーのお返しをくれる胸キュン女性向けボイス

『胸キュン乙女ボイスチャンネル』にて女性向けシチュエーションボイス配信中!

女性向けシチュエーションボイス『ツンデレ幼馴染×ホワイトデー』は、まひろさんと越川博泰さんが演じています ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

バレンタインデー用女性向けボイスのアンサーボイスになっておりますので、合わせてお楽しみ下さい(・ω<)☆

【女性向けボイス】ツンデレ幼馴染に告白されて付き合うことになりました【バイノーラル】

こちらは、まひろさんバージョン٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

【女性向けボイス】ツンデレ幼馴染が現れたのでホワイトデーのお返しを催促してみた【バイノーラル】

こちらは、越川博泰さんのバージョンです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

子供の頃の約束をお互いに覚えていて……という胸キュンストーリーになっております((((ノ。・ω・。)ノ♡

ツンデレ幼馴染好きの方は、ぜひ聞いて下さいね╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

『胸キュン乙女ボイスチャンネル』のチャンネル登録はこちら

『胸キュン乙女ボイスチャンネル』の女性向けのシチュエーションボイスは、全て完全オリジナル台本です!

女性向けボイスが好きな方は、チャンネル登録していただけると励みになります٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

登録、高評価、コメントなどでぜひ応援して下さいね((((ノ。・ω・。)ノ♡

女性向けシチュエーションボイス『ツンデレ幼馴染×ホワイトデー』のフリー台本はこちら

女性向けボイスの台本を読みたい方はこちらからどうぞ ((((ノ。・ω・。)ノ♡


※ご注意※
この台本は、練習や個人使用の範囲内であれば自由にお使いいただけますが、youtubeなどで公開したい場合は許可が必要ですので必ずご連絡下さいね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

場所:観覧車のある公園
時間:夕方
・放課後、待ち合わせをして近くの公園に遊びに来た2人
自販機でジュースを2本買ったツンデレ、片方を女の子に渡す

ツンデレ「ほらよ。お前の好きなミルクティ」

・ありがとう、と言って受け取る女の子
ツンデレ、ペットボトルの蓋を開けて炭酸飲料を飲む

ツンデレ「ごく、ごく……ぷはぁ」

・ここに来るの久しぶりだね

ツンデレ「ん……? ああ、そうだな。
子供のころは、親に連れられてよく来てたよな、ここ」

・観覧車が、なんだか小さく見えるよ

ツンデレ「はぁ? 観覧車が小さくなった気がする!? お前、どんだけ成長したんだよ。てか、そんなに背、伸びてねぇじゃねーか」

・ええ、そんなことないよ!

ツンデレ「そんなことある! ほら、見てみろ」

・ツンデレ、近づいて自分との身重差をアピールし

ツンデレ「俺より、20㎝も小さいじゃねーか」

・ツンデレ君がでかくなりすぎたんだよ!

ツンデレ「ああ……まぁ、そうかもな。結構背ぇ伸びたよな、俺。てか、子供の頃はお前とあんまり変わんなかったから、心配だったんだよな……」

・心配? なんで?

ツンデレ「なんでって……。(小声でぼそっと)こうして並んで歩いた時、なんとなくカッコつかねぇだろ」

・ごめん、よく聞こえなかった

ツンデレ「は? 聞こえなかった? お前、耳遠すぎだろ。ばばあかよ」

・ば、ばばあ!?

ツンデレ「ははっ、悪口はよく聞こえるんだな」

・ちょっと! 謝ってよ!

ツンデレ「はいはい、悪かったよ。謝るから、そんなにほっぺた膨らませんなって。ちょっとした冗談だろ?」

・ところで、今日はこんな所に呼び出してなんの用?

ツンデレ「ん? ああ……お前を呼び出した理由か。なんとなく、察しはついてるんだろ?」

・いや、まったく

ツンデレ「嘘つけ! どんだけ鈍感なんだよ! 今日は3月14日、ホワイトデーだろ!」

・そうだね。お返しをくれるなら早くちょうだい?

ツンデレ「(呆れて)あのなぁ……。せっかく雰囲気のいいとこ選んでやってるのに、お返しがあるならさっさと渡せって……」

・あれ? くれないの?

ツンデレ「っ……」

・ツンデレ、カバンからラッピングされた箱を取り出して渡して

ツンデレ「ほらよ。もしサイズが合わなかったら、ペンダントトップにでもしてくれ」

・ペンダントトップ? なんだろ

ツンデレ「いいから開けてみろよ」

・わかった、と言って包みを開ける女の子

ツンデレ「お前はもう覚えてねぇかもしれねーけど……。子供の頃、遊園地のお土産売り場で、ずっとこの指輪を見てただろ。大きくなって彼氏が出来たら、絶対買ってもらうの!って」

・え、まさか……

ツンデレ「俺はずっと、その言葉が頭から離れなかった。どうしても、忘れられなかったんだ。何年後になるかはわかんねーけど、大人になったお前の彼氏になるヤツが、俺以外の誰かだったらどうしようって」

ツンデレ「(苦笑して)俺達は子供の頃から一緒で、一番近くにいたのにな。いざとなると、照れくさくて、恥ずかしくて……何も言えなかった。それに、もし断られたら、この関係が終わっちまうんじゃねーかって、
怖かったんだ」

・ツンデレくん……

ツンデレ「だから、お前がずっと俺にくれてたチョコが本命だったって知って、本当に嬉しかった」

・あのね、私、この指輪のことちゃんと覚えてるよ

ツンデレ「え? 覚えてる?」

・ツンデレ君にいつか買って欲しいって意味で言ったの

ツンデレ「なっ……。そう、だったのか。大きくなった俺に、買って欲しいって……意味だったのか」

・ツンデレ、感激してちょっと涙ぐんで

ツンデレ「っ……お前、いつもかわいくねぇことばっかするから、そういうつもりで言ってくれてたなんて、全然、想像もできなかった」

・ありがとう、ツンデレ君。私の夢をかなえてくれて

ツンデレ「ばーか。お礼を言うのは俺の方だ。ずっと待っててくれてありがとな。それと……」

・ツンデレ、女の子に顔を近づけてささやいて

ツンデレ「もう一度、ちゃんと言わせてくれ。俺は、お前が好きだ。俺と……付き合って欲しい」

・うん、ツンデレ君の彼女にして欲しい!

ツンデレ「(クスッと笑って)よーし、それじゃあこのまま初デートと行くか!まずは、観覧車からだな!」

・ツンデレと女の子、手を繋いでかけ出す

END

所:聞き手の女の子の部屋
時間:夜
・ベッドで隣り合わせに寝ているあなたと彼女

彼氏 「(寝ている)すー……すー……。(寝返りを打って)ん……?」

・彼氏、彼女が起きているのに気づいて

彼氏 「(寝起きな声で)あ……悪い、起こした?」

・ううん、眠れなくて

彼氏 「え? 眠れない……? まさかあの後、ずっと起きてた?」

・うん

彼氏 「(近づいて顔を見つめて)不安そうな顔……だな。はぁ……もっと早く起きればよかった」

・ううん、明日仕事だし、寝て?

彼氏 「ばーか。お前がそんな顔してるのに、のんきに寝てられるか」

・彼氏、彼女を抱き寄せて
SE:衣擦れの音(こちらで入れます)

彼氏 「明日の仕事より、お前の方が大事」

・彼氏、彼女の頬に軽くキスする(難しければ効果音をこちらで入れます)

彼氏 「気づけなくて、ごめん。今日……なんかあった?」

・ううん、ホントに大丈夫だから

彼氏 「そんな顔して、どこが大丈夫なんだよ。話せばすっきりすることもあるし……」

・彼氏、彼女に優しく微笑んで

彼氏 「たまには素直に甘えろよ」

・ありがとう、実は、仕事のことでちょっと

彼氏 「やっぱり仕事のことか……。お前、俺が聞き出すまで全然愚痴とか言わないから、心配してたんだ」

・え、そうだったの?

彼氏 「何年付き合ってると思ってるんだよ。お前は、心配事があるとすぐ顔に出る」

・うわ、はずかしい

彼氏 「なんだよ、恥ずかしいって。今更……だろ?(優しく聞き出して)それで、仕事で何があったんだ?」

・提出した物が先方の都合でやりなおしになった

彼氏 「提出した物が、あっちの都合でやりなおし……? うわ……それ、一番腹立つやつだ」

・でしょ?

彼氏 「そんなことされたら、辛いよな。だってお前は……すごく頑張ったんだろ?」

・うん、すごく頑張ったの、と涙ぐむ彼女

彼氏 「よしよし……。いいぞ、泣いても。悔しかったんだな。お前の頑張りが、なかったことにされたのが」

・うん、悔しいよ、と泣く彼女

彼氏 「他の誰も理解できなくても、誰も見てなくても……。俺だけは、ずっとお前のことを見てるから。お前がすごく頑張ってるのも、真面目なのも……全部知ってる」

・そんな風に言われたら涙が止らなくなるよ

彼氏 「(くすっと笑って)お前を泣かせようと思って言ってるんだよ。泣くのって、結構ストレス解消になるんだぞ?」

・うん、そうかもしれない

彼氏 「だろ? 1人で泣くのは寂しいけど、俺がついてるんだからさ。いっぱい泣いて……いっぱい弱音を吐いて、甘えてくれ」

・うん、そうだよね

彼氏、彼女をもう一度優しく抱きしめて
SE:衣擦れの音

彼氏 「ようやく笑ったな。少しは……落ち着いたか?」

・うん、もっと早くに愚痴ればよかった

彼氏 「それだよ。なんでもすぐ抱え込もうとするからなぁ……。でも、お前があんな顔してるって……眠れずにいるって、気づけてよかった」

彼氏 「お前が辛いとき、支えてやれないんじゃ……なんで付き合ってるんだよって話になるからな」

・彼氏くんは、優しいね

彼氏 「ばーか。優しいんじゃない。お前が……好きだから、だよ」

・彼氏、彼女の頬に軽くキス(難しければ効果音をこちらで)

彼氏 「今日はこのまま、朝まで抱いててやる」

・ありがとう、こうしてるとなんだか癒やされる

彼氏 「こうしてると癒やされる? かわいいこと言うなよ、まったく。寝かせたくなくなるだろ?」

・ええ!?と赤くなる彼女

彼氏 「(くすっと笑って)冗談だよ。それじゃあ……おやすみ」

・うん、おやすみ

END

-シチュエーションボイス, フリー台本

Copyright© 胸キュン乙女ボイスチャンネル , 2020 All Rights Reserved.